<エコジョーズ vs エコキュート>


給湯器の種類に

「エコジョーズ」

「エコキュート」

とがあります。
名前からは同じようなものに思いますが、大きさ、仕組み、機能など全く異なるものです。
ここでは

「エコジョーズ」

「エコキュート」

の違いを簡単にご説明いたします。

①「燃料」


エコジョーズ

エコキュート

の大きな違いは「燃料」の違いです。

エコジョーズ

はガスを使用し、

エコキュート

は電気でお湯を作ります。

エコジョーズ

は排気熱を利用して効率よくお湯を作ります。

その際に凝縮水(ドレン排水)が発生するため、排水工事が必要となります。 →  凝縮水の排水工事とは?

エコキュート

は夜の電気代が安い時間帯にお湯を作りタンクに貯めておきます。

②「給湯の仕組み」


エコジョーズ

は瞬間湯沸かし式なので必要な時に必要なだけ、無駄なくたっぷりお湯が使えます。
お風呂、キッチン、洗面所など、複数で同時に使用しても問題なくお湯を使うことができます。

エコキュート

は2Fのお湯はりやシャワーなどはたっぷりお湯が使えないこともあります。
また、大家族の場合はタンクの貯水量を気にしなければいけません。
お湯切れが起こりそうな時には自動的にお湯を沸かしますが、割高な時間の場合はコストも高くなります。
冬や寒冷地ではタンクからの放熱がある為、お湯を温める電力が必要になりその分のコストがかかります。

③「水質」


エコジョーズ

はお湯を使う時に水道水を瞬間的に沸かすので、
いつでも清潔で安全なお湯を使うことができ、もちろん飲用もできます。

エコキュート

は長時間の使用で水質が変わったりタンクに不純物が沈殿してしまうため、
定期的にメンテナンスが必要です。
一度沸騰させることで飲用可能とされてますが推奨はされていません。

④「大きさ」


給湯器本体を比較すると、

エコジョーズ

エコキュート

の10分の1位の大きさです。
また、

エコキュート

は貯湯するタンクとヒートポンプも必要になり約畳1畳分のスペースが必要です。

⑤「コスト」


【初期費用】

エコジョーズ

の本体価格は約20~35万円、設置工事費は約5万円です。(24号フルオートタイプ)

エコキュート

の本体価格は約30~70万円、設置工事費は約15万円です。(370Lフルオートタイプ)

【年間コスト】

エコジョーズ

はガス会社の料金単価によりますが約6~10万円です。
プロパンガス使用の場合は割高になるケースが多いようです。

エコキュート

は深夜の安い電力を使用するため約4~6万円です。

初期費用と年間コストを合計すると

エコキュート

のほうが安いですが、

エコジョーズ

は年間コストが安いため、数年使用することで

エコジョーズ

のほうがお得になります。

【床暖房】
初期費用は

エコジョーズ

は施工に手間がかかるため、

エコキュート

と比べ約20万円ほど割高になります。(12帖)

【浴室乾燥機】
初期費用はどちらも約9~12万円とあまり大差はありません。
しかし

エコジョーズ

エコキュート

に比べ熱源能力が高いため、洗濯物を早く乾かすことができ、
光熱費も安く抑えられます。

閉じる