2022.09.30
15時現在、強い台風18号(ロウキー)は日本の南を東北東に進んでいます。
この先は伊豆諸島と小笠原諸島の間を東寄りに進む見込みです。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2022.09.29
6時現在、台風18号(ロウキー)は沖縄県の南大東島の南を北上しています。
今日29日(木)に大東島地方に最接近となるため、強風や強い雨に注意してください。

15時、台風17号(クラー)は日本のはるか東で温帯低気圧に変わりました。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2022.09.28
21時、南大東島の南で発達中の熱帯低気圧が台風18号(ロウキー)になりました。
今月に入って7つ目の台風発生です。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2022.09.28
15時、日本の南の海上の熱帯低気圧が24時間以内に台風に発達する見込みと気象庁が情報を発表しています。
次に台風が発生すると「台風18号」と呼ばれます。
明日29日(木)には沖縄の大東島地方に接近し、風雨の強まる可能性がありますので注意が必要です。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2022.09.27
6時現在、台風17号(クラー)は父島の北西約70kmを北寄りに進んでいます。
このあとは小笠原諸島近海を通過したあと、進行方向を東寄りに変えて、本州の東へと進む予想です。
小笠原諸島は荒天に警戒が必要です。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2022.09.26
9時、父島近海で発達中の熱帯低気圧が台風17号(クラー)になりました。
今月に入って6つ目の台風発生です。
今後は北寄りに進んで小笠原諸島近海を通過したあと、
進行方向を東寄りに変えて、本州の東へと進む予想です。
小笠原諸島や伊豆諸島は影響のおそれがあるため、今後の情報にご注意ください。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2022.09.25
9時現在、非常に強い台風16号(ノルー)がフィリピンの東を西に進んでいます。
台風発生から2日間足らずで、4段階のうち上から2番目の階級「非常に強い」勢力に発達し、
台風の目が出現しています。
本日フィリピンのルソン島に上陸する見込みで、被害の発生が懸念されます。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2022.09.24
6時現在、台風15号(タラス)は東海道沖を北東に進んでいます。
台風の北東側に離れた所に活発な雨雲が広がり、
昨日から今朝にかけて静岡県を中心に記録的な大雨となった所があり、浸水等の被害が相次ぎました。
風による影響はあまりない見通しですが、今日は関東甲信や東北・北海道でも雨が強まるところがある予想。

9時、台風15号(タラス)は東海道沖で温帯低気圧に変わりました。
これから午後にかけて関東付近を通過し、雨雲の発達しやすい状況は続きますので、引き続き警戒が必要です。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2022.09.23
15時、フィリピンの東で発達中の熱帯低気圧が台風16号(ノルー)になりました。
午前中に発生した台風15号に続き、今年9月に入り5つ目の台風発生です。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2022.09.23
9時に高知県室戸岬の南海上で発達中の熱帯低気圧が台風15号(タラス)になりました。
9月に入って4つめの台風発生です。
今夜には紀伊半島の南に達し、24日(土)から25日(日)にかけては東寄りに進路を変えて、
東海、関東の太平洋沿岸を進む予想となっています。今後の台風の動きに警戒をしてください。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2022.09.20
4時過ぎに台風14号(ナンマドル)は新潟県新潟市付近に再上陸しました。
中心から遠く離れた場所で風雨が強まっていますので、北陸や東北以外の地域の方も荒天に警戒してください。
台風は20日(火)朝のうちに東北地方を横断し、太平洋上で温帯低気圧に変わる見通しです。

台風14号(ナンマドル)三陸沖で温帯低気圧となりました。
最盛期は910hPaの猛烈な勢力にまで発達し、非常に強い勢力で鹿児島に上陸後、
九州、中国、北陸、東北の各地を進みました。
九州や中四国を中心に西日本〜東日本と台風の移動に伴って各地で暴風雨となり、
停電や倒木だけでなく土砂災害や家屋への浸水などの被害をもたらしました。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2022.09.19
13時、大型の台風14号(ナンマドル)は、益田市付近周辺を北東に進んでいると推定されます。
九州北部と中四国の西部を中心に暴風域に入っている状況です。
台風14号はこの後も北東に進み、山陰方面に向かうとみられています。
ただ、その進行速度は20km/hと遅く、西日本を中心に雨風の強い状態が長引くおそれがあります。
大阪市や名古屋市でも暴風警報が発表されました。
三連休明けの20日(火)は東日本・北日本方面に台風が進み、
通勤・通学の時間帯は北陸や東海、関東などで荒天となることが想定されます。
気象庁が「暴風警報を発表する可能性が高い」としている地域も多くあるため、
連休明けも警戒が欠かせません。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2022.09.18
7時、大型で非常に強い台風14号(ナンマドル)は、屋久島の南南東の海上を北北西に進んでいると推定。
種子島や屋久島が風速25m/s以上の暴風域に入りました。
今日の昼頃に屋久島付近を通過した後、中心気圧930hPaと非常に強い勢力を保って九州にかなり接近、
上陸するとみられます。
昨夜、鹿児島県では暴風特別警報・波浪特別警報・高潮特別警報が発表されました。
九州を中心に建物が倒壊するような暴風や記録的な大雨、高潮などによる大きな被害が懸念され、
厳重な警戒が必要です。
今夜から明日19日(月)の朝には九州北部を通過。
その後は東へ進路を変えて日本列島を縦断し、影響範囲が拡大します。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2022.09.17

10時、大型で猛烈な台風14号(ナンマドル)は、南大東島の東の海上を北西に進んでいると推定されます。
明日18日(日)には特別警報の発表基準を満たすほどの勢力で、九州に接近・上陸する見込みです。
気象庁は屋久島に接近する明日18日(日)朝の中心気圧は910hPa、
九州北部に進む19日(月)朝の中心気圧は930hPaと予想し、これを満たす強さです。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2022.09.16
9時、大型の台風14号(ナンマドル)は中心付近の最大風速が45m/sに達し、非常に強い勢力となりました。
今後は北西に進んで、三連休中の18日(日)~19日(月)に九州にかなり接近・上陸する見込みです。
接近時も非常に強い勢力を保つ上、動きが遅いと予想されることから、
長時間にわたって暴風雨となるおそれがあります。厳重な警戒が必要です。

10時、台風12号(ムイファー)は温帯低気圧に変わりました。 屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2022.09.15
15時現在、大型の台風14号(ナンマドル)は日本の南で発達しながら西に進んでいます。
明日16日(金)午後には強い勢力となって、奄美や沖縄に近づく見込みです。
18日(日)には北寄りに進路を変え、三連休中に強い勢力のまま西日本に接近・上陸するおそれがあります。
その後は北東に進んで、日本列島を縦断。全国の広い範囲で荒天が予想され、警戒が必要です。

台風13号(マールボック)は、15時に日本のはるか東で温帯低気圧に変わりました。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2022.09.14
3時、小笠原近海で発達中の熱帯低気圧が台風14号(ナンマドル)になりました。
9月に入って3つめの台風発生です。
今週末の三連休に暴風域を伴って奄美・沖縄・九州などに接近するおそれがあり、
その後の進路は不確実性が高くなっています。今後の情報に注意してください。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2022.09.13
10時、強い台風12号(ムイファー)は石垣島の北約160kmを北に進んでいると推定されます。
今朝までに比べると移動速度が少しだけ上がり、台風の中心は先島諸島から順調に離れています。
ただ、まだ平均風速が15m/s以上の強風域に入っていて、このあともしばらくは強風が続く見込みです。
引き続き、うねりを伴った高波にも警戒してください。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2022.09.12
16時、昼前後に石垣島付近を通過した台風12号(ムイファー)は、
石垣島の北北西約60kmの海上をゆっくり北上していると推定されます。
動きは今後もゆっくりで、先島諸島は明日13日(火)の朝まで暴風域に入っている予想です。
また強い雨も続くおそれがあるため、厳重に警戒してください。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2022.09.12
9時、ウェーク島近海で発達中の熱帯低気圧が台風13号(マールボック)になりました。
今月2つ目の台風発生です。
発達して日本のはるか東へ北上する予報で、日本への直接の影響はありません。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2022.09.11
15時現在、南鳥島近海で発達中の熱帯低気圧について、
気象庁は24時間以内に台風に発達する見込みとの情報を発表しました。
次に台風が発生すれば台風13号と呼ばれることになります。
ウェーク島近海から日本のはるか東へ北上する見通しです。
日本への影響はありません。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2022.09.10
15時、強い勢力の台風12号(ムイファー)は沖縄の南の海上を北西に進んでいます。
明日11日(日)以降、高気圧に進路を妨げられて動きが遅くなり、
12日(月)は非常に強い勢力で先島諸島付近をゆっくりと通過する見込みです。
進路によっては2~3日ほど荒天が続くおそれがあります。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2022.09.09
6時現在、台風12号(ムイファー)はフィリピンの東を北西に進んでいます。
この先は暴風域を伴って沖縄に接近し、来週前半は動きが遅くなる可能性があります。
影響が長引くことも想定して備えをしておいてください。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2022.09.08
9時、フィリピンの東で発達中の熱帯低気圧が台風12号(ムイファー)になりました。
発達しながら沖縄の南に進む予報です。今後の情報に注意してください。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2022.09.06
10時、大型で強い台風11号(ヒンナムノー)は島根県浜田市の北北西の日本海を、
速度を早めながら北東に進んでいると推定されます。
この後は温帯低気圧に性質を変えながら北上を続け、今夜には北海道の西の海上に達する見込みです。

21時、台風11号(ヒンナムノー)は北海道の西の日本海で温帯低気圧に変わりました。
ただ、明日7日(水)にかけて北日本を中心に風の強い状況が続く予想のため、警戒が必要です。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2022.09.05
9時現在、大型で強い台風11号(ヒンナムノー)は東シナ海を北東に進んでいます。
このあと、九州では台風の接近に伴って徐々に雨風が強まる見込みで、荒天に警戒が必要です。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2022.09.04
大型の台風11号(ヒンナムノー)は発達して非常に強い勢力となりました。
16時推定で、久米島の西北西の海上を北に進んでいます。
明日5日(月)にかけては非常に強い勢力で東シナ海を北上します。
その後は北東に進路を変えて、朝鮮半島南部を通って日本海に進み、
日本海に達する6日(火)の日中でも最大風速は35~40m/sと強い勢力を保つ予想です。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2022.09.03
16時、大型で強い勢力の台風11号(ヒンナムノー)は石垣島の南東の海上を北に進んでいるとみられます。
先島諸島は風速25m/s以上の暴風域に入っており、16時00分までの最大瞬間風速は渡嘉敷村で32.6m/s、
宮古島で29.2m/s、石垣島で27.6m/s、那覇市で24.4m/sを観測しました。
台風は今夜、非常に強い勢力に発達しながら石垣島付近を通過するとみられ、
先島諸島ではさらに風雨が強まる見込みです。
暴風や激しい雨に厳重に警戒してください。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2022.09.02
15時現在、非常に強い台風11号(ヒンナムノー)は、石垣島の南南東の海上にあって、
北西に時速10kmと北上を開始しました。明日3日(土)の夜に先島諸島に最も近づく見込みです。
東シナ海に進んだ後は、海面水温が高いことと、風の環境が整うことで勢力を強め、
中心付近の最大風速は4日(日)15時で50m/sを予想しています。
来週6日(火)に九州に近づくタイミングでも最大風速40m/sと強い勢力と保ち、
九州だけでなく、四国や本州・北海道の広範囲で風雨が強まるおそれがあるため警戒が必要です。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2022.09.01
15時現在、猛烈な勢力の台風11号(ヒンナムノー)は、宮古島の南約330kmの海上を南南西に進んでいます。
台風は南寄りに進みながら動きが遅くなっており、明日2日(金)はほとんど停滞するとみられます。
3日(土)以降は北へ進路を変え、来週にかけて東シナ海を北上して、
あまり勢力を弱めずに九州など西日本に接近する予想となっています。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2022.08.31
6時現在、猛烈な勢力の台風11号(ヒンナムノー)は南大東島の北北西を西寄りに進んでいます。
大東島地方が風速25m/s以上の暴風域に入り、
北大東では5時13分に最大風速37.5m/sの猛烈な風を観測。
最大瞬間風速は48.4m/sに達しています。
沖縄本島地方でも次第に風が強まり、夕方から夜にかけて接近する見込みです。
台風の進路によっては暴風となるおそれがあるため警戒してください。
今後、沖縄周辺では大型化も進み、影響範囲が拡大するとみられます。
週末以降は次第に北寄りに進路を変え、来週にかけて九州に接近するおそれもあります。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2022.08.30
15時現在、非常に強い勢力の台風11号(ヒンナムノー)は日本の南の海上を西に進んでいます。
今後も発達を続け、明日31日(水)には南大東島付近を通過。その後は猛烈な勢力まで発達し、
沖縄周辺で動きを遅くする見込みです。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2022.08.29
6時現在、台風11号(ヒンナムノー)は小笠原近海を西に進んでいます。
このあとも西寄りに進む予想ですが、3日後以降の進路はかなり予報の幅が大きくなっています。
進路次第で発達の度合いも変わる可能性があるため、今後の情報に注意してください。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2022.08.28
15時、南鳥島近海で発達中の熱帯低気圧が台風11号(ヒンナムノー)になりました。
8月に入って5つめの台風発生です。
週中頃に本州付近で前線の活動を活発化させ、大雨をもたらす可能性があります。
今後の情報に注意してください。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2022.08.26
台風10号(トカゲ)は、午前3時に千島の東で温帯低気圧に変わりました。

台風9号(マーゴン)は、午前9時にベトナムで熱帯低気圧に変わりました。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2022.08.25
6時現在、台風9号(マーゴン)は南シナ海を西北西に、
台風10号(トカゲ)は日本の東の海上を北北東に進んでいます。
いずれの台風も日本列島からは離れていますが、先島諸島では台風9号の影響で波が高くなる予想です。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2022.08.24
15時現在、台風9号(マーゴン)は南シナ海を西に、台風10号(トカゲ)は日本の東の海上を北に進んでいます。
いずれの台風も日本列島からは離れていますが、先島諸島では台風9号の影響で波が高くなる予想です。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2022.08.23
15時現在、台風9号(マーゴン)はフィリピンを北西に、
台風10号(トカゲ)は日本の東を北北西に進んでいます。
いずれの台風も日本列島からは離れていますが、先島諸島では台風9号の影響で波が高くなる予想です。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2022.08.22
12時、南鳥島近海で発達中の熱帯低気圧が台風10号(トカゲ)になりました。
同じく12時に台風9号が発生しており、8月に入って4つめの台風発生です。
熱帯低気圧は今後、北寄りに進み日本の東の海上で温帯低気圧に変わる見通しです。
本州に接近する可能性は低いとみられます。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2022.08.22
12時、フィリピンの東で発達中の熱帯低気圧が台風9号(マーゴン)になりました。
8月に入って3つめの台風発生です。
日本列島に直接影響する可能性は低い見通しですが、沖縄の先島諸島では間接的な影響に注意が必要です。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2022.08.14
6時現在、台風8号(メアリー)は気仙沼市の東南東約220km付近を足早に北東進しています。
明日15日(月)までには温帯低気圧に変わる見通しです。
台風本体の雨雲は陸地から離れたため雨のピークは越えましたが、
日本付近は湿った空気と上空の寒気の影響で大気が不安定となっていて、
所々で非常に激しい雨が降っています。
また、これまでに降った雨で川の水位や土砂災害のリスクは高い状況で、海上では波の高い状況が続きます。
お盆休みのレジャーの際は危険な場所に近づかないようにしてください。

21時、台風8号(メアリー)は千島近海で温帯低気圧に変わりました。
一方、明日15日(月)からは別の低気圧・前線が北日本付近に進む影響で大雨となるおそれがあるため、
警戒が必要です。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2022.08.13
6時現在、台風8号(メアリー)は東海地方の沖合を北上しています。
きょう昼間に東日本に上陸する見通しです。
暴風域を伴わない勢力ではあるものの、静岡県など東海から関東の太平洋側で大雨のおそれがあり、
警戒が必要です。

台風8号(メアリー)は17時半頃、静岡県伊豆半島に上陸しました。
台風の上陸は7月5日の台風4号に続いて今年2つめです。
静岡県に台風が上陸するのは2019年19号(伊豆半島)以来、3年ぶりとなります。
台風は夜にかけて関東地方を通過する予想で、激しい雨に警戒が必要です。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2022.08.12
3時、日本の南で発達中の熱帯低気圧が台風8号(メアリー)になりました。
8月に入って2つめの台風発生です。
9時現在、台風8号(メアリー)は日本の南をゆっくりと北上しています。
今後は少し速度を上げて北上し、明日13日(土)の朝に東海沖に達する見込みです。
その後は進路を東寄りに変えて、東海か関東に上陸するおそれがあります。
台風の接近に伴って大雨となり、交通機関の乱れやお盆のイベント等に影響が出る可能性があるため
警戒してください。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2022.08.10
9時に小笠原近海で熱帯低気圧が解析され、
気象庁は24時間以内に台風に発達する見込みとの情報を発表しました。
次に台風が発生すれば今月2つめの台風で、台風8号と呼ばれることになります。
日本の南を北上してお盆休みの13日(土)頃に東日本に接近し、
進路次第では関東などで強い雨を降らせる可能性があります。
今後の情報に注意してください。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2022.08.01
午前3時、台風5号(ソングダー)は黄海で熱帯低気圧に変わりました。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2022.07.29
昨夜発生した台風5号(ソングダー)の接近により西日本の太平洋側でやや強い雨の降っている所があります。
台風の通過する今夜にかけては雷を伴った激しい雨の降るおそれがあるほか、
台風が東シナ海へ離れる31日(日)にかけての総雨量がかさむことが予想されます。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2022.07.28
21時、日本の南で発達中の熱帯低気圧が台風5号(ソングダー)になりました。
7月に入って2つめの台風発生です。
明日29日(金)夜に九州の南から奄美付近を北西に進む予想で、
湿った空気が送り込まれる西日本などでも31日(日)にかけ大雨となる可能性があり、警戒が必要です。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2022.07.05
6時前に長崎県佐世保市付近に上陸した台風4号(アイレー)は、その後勢力を弱めて、先ほど9時に温帯低気圧に変わりました。
台風から温帯低気圧に変わっても、引き続き暖かく湿った空気が流れ込む太平洋側を中心に大雨のおそれがあります。
関東でも今夜遅くからは雨が強まる予想です。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2022.07.04
9時現在、台風4号(アイレー)は東シナ海を北北東に進んでいます。
台風の東側は湿った空気が流れ込み、中心から離れた所でも雨雲が発達しやすい状況です。
局地的には1時間に50mmを超えるような激しい雨が降っています。
このあとは、台風もしくは台風から変わる低気圧が西日本を東に進む予想で、
太平洋側の地域を中心に大雨に警戒が必要です。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2022.07.01
9時、日本の南で発達中の熱帯低気圧が台風4号(アイレー)になりました。
昨日発生した台風3号(チャバ)に続き、2日連続の台風発生です。
台風4号(アイレー)は明日2日(土)から3日(日)に沖縄に接近する見通しで、注意が必要です。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2022.06.27
本日、気象台から関東甲信地方、東海地方、九州南部の梅雨明けが発表されました。
各地とも平年より早い梅雨明けで、梅雨の期間は史上最短を更新しています。
今年は猛暑や水不足等が心配な夏となりそうです。

本格的な夏の到来とともに台風のシーズンも間近に迫ってきています。
家屋の屋根・外壁の点検は今のうちに!
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2022.06.01
梅雨の季節です。雨漏り対策は大丈夫ですか?
雨漏りの兆候をお見逃しなく。
天井や壁にシミが出てきたら要注意です。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2022.05.01 羽アリの本格シーズンに入り、多方面で発生しております。
もし羽アリを見かけましたら慌てずに、先ずはこちらまでお問い合わせください。
シロアリ駆除のページはこちら
2021.11.01
11月になり、大分冷え込む様になってきました。
外が寒くなると、今まで外で活動していたネズミが 暖かい場所を求めて家屋に浸入し、 屋根裏や床下等に寝床を作ります。
屋根裏から何か音がする、 台所に置いてあった食材が無くなっている、 何かがかじった跡があるなど、それはネズミの仕業かもしれません。

このように何か気になることがございましたら、お気軽にご相談ください。 床下や屋根裏の無料点検を行います。
お見積りは無料ですので少しでもご不安がある場合はお気軽にご相談ください。
ネズミ駆除のページはこちら
2021.10.29
21時、台風20号(マーロウ)は日本の東で温帯低気圧に変わりました。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2021.10.28
台風20号(マーロウ)は、3時に「強い」勢力に発達し、6時現在は小笠原近海を北上しています。
台風は今後も海面水温が高い領域を進むため、さらに発達を続けながら今日夜から明日29日(金)未明にかけて
小笠原諸島へ接近・通過する予想です。
暴風や大雨、高波に厳重な警戒が必要です。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.10.27
台風20号(マーロウ)は、15時現在、日本の南の海上で次第に勢力を強めています。
台風は今後も海面水温が高い領域を進むため、発達を続けながら明日28日(木)から明後日29日(金)にかけて
小笠原諸島へ接近・通過する予想です。
暴風や大雨、高波に厳重な警戒が必要です。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.10.26
昨日発生した台風20号(マーロウ)は、3時現在、フィリピンの東の海上を北に進んでいます。
このあとも発達しながら北上を続け、暴風域を伴って小笠原諸島に近づくおそれがあります。
今後の情報に注意してください。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.10.25
9時、フィリピンの東の海上で発達中の熱帯低気圧が台風20号(マーロウ)になりました。
このあとは発達しながら北寄りに進み、暴風域を伴って小笠原諸島に近づくおそれがあります。
今後の情報に注意してください。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.10.23
10月も下旬になり、大分冷え込む様になってきました。
外が寒くなると、今まで外で活動していたネズミが 暖かい場所を求めて家屋に浸入し、 屋根裏や床下等に寝床を作ります。
屋根裏から何か音がする、 台所に置いてあった食材が無くなっている、 何かがかじった跡があるなど、それはネズミの仕業かもしれません。

このように何か気になることがございましたら、お気軽にご相談ください。 床下や屋根裏の無料点検を行います。
お見積りは無料ですので少しでもご不安がある場合はお気軽にご相談ください。
ネズミ駆除のページはこちら
2021.10.18
9時、台風19号(ナムセーウン)は日本のはるか東で温帯低気圧に変わりました。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2021.10.17
6時現在、台風19号(ナムセーウン)は日本のはるか東を北東に進んでいます。
このあとも北寄りに進みながら、18日(月)までには勢力が弱まり、温帯低気圧に変わる予想です。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.10.16
6時現在、台風19号(ナムセーウン)はウェーク島近海を北東に進んでいます。
このあとも北寄りに進みながら、19日(火)までには勢力が弱まり、温帯低気圧に変わる予想です。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.10.15
6時現在、台風19号(ナムセーウン)は南鳥島近海を北東に進んでいます。
このあとは週明けにかけて北寄りに進みながら、19日(火)3時までには勢力が弱まり、
温帯低気圧に変わる予想です。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.10.14
6時現在、台風18号(コンパス)は勢力を落としながら西寄りに進み、ベトナム方面に向かいます。
気象庁によると、15日(金)6時までには熱帯低気圧に変わる見込みです。

6時現在、台風19号(ナムセーウン)は南鳥島近海を東北東に進んでいます。
このあとは北東に進みながら勢力が弱まる予想です。
小笠原諸島では高波の影響を受ける可能性がありますが、
この台風の影響で雨や風が強まることはない見込みです。
また、17日(日)3時までには、熱帯低気圧へ変わる予想です。

21時、台風18号(コンパス)はベトナムで熱帯低気圧に変わりました。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.10.13
6時現在、台風18号(コンパス)は強風域が1500kmと大型の台風で暴風域を伴っています。
このあとは徐々に勢力を落としながら西寄りに進み、海南島やベトナム方面に向かいます。
15日(金)3時までには、熱帯低気圧へ変わる見込みです。

6時現在、台風19号(ナムセーウン)は南鳥島近海を北に進んでいます。
このあとはしばらく北上した後、進路を北から東よりに変える見込みです。
小笠原諸島では高波の影響を受ける可能性がありますが、
この台風の影響で雨や風が強まることはない見込みです。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.10.12
6時現在、超大型の台風18号(コンパス)は暴風域を伴って南シナ海の海上を西に進んでいます。
引き続き、強風域に入っている先島諸島では瞬間的に20m/s前後の風が続いているため、注意が必要です。

6時現在、台風19号(ナムセーウン)は南鳥島近海を西に進んでいます。
このあとは北西にしばらく進み、14日(木)以降は北から東よりに進路を変えるため、
小笠原諸島への影響は高波が中心となります。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.10.11
6時現在、台風18号(コンパス)がフィリピンの東に、
台風19号(ナムセーウン)が南鳥島近海にそれぞれ存在します。
このあと台風18号(コンパス)は沖縄に最接近し、
高波や風雨の影響をもたらすことが予想されますので注意が必要です。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.10.10
9時、ウェーク島近海で発達中の熱帯低気圧が、台風19号(ナムセーウン)になりました。
強い勢力に発達予想で、小笠原諸島に高波などの影響を及ぼす可能性があるため、
今後の情報に注意してください。

15時、台風第17号(ライオンロック)は、ベトナム付近で熱帯低気圧に変わりました。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.10.10
6時現在、台風17号(ライオンロック)がトンキン湾に、
台風18号(コンパス)がフィリピンの東にそれぞれ存在します。
台風18号(コンパス)はこの先やや北上し、
沖縄に高波や風雨の影響をもたらすことが予想されますのでご注意ください。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.10.08
15時、フィリピンの東で発達中の熱帯低気圧が、台風18号(コンパス)になりました。
今朝の台風17号(ライオンロック)に続き、本日2つ目の台風発生となります。
このあとはやや発達しながら北上し、週末から進路を西寄りに変えて南シナ海へ進む見込みです。
週明けに沖縄の先島諸島では、台風の外側の雨雲がかかり、雨風が強まるおそれがあります。
今後の情報に注意してください。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.10.08
3時、南シナ海で発達中の熱帯低気圧が、大型の台風17号(ライオンロック)になりました。
海南島付近からトンキン湾へ西進し、大陸に上陸して勢力を落とす予想です。
日本への影響はありません。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.10.02
9時、台風16号(ミンドゥル)は日本の東の海上で温帯低気圧に変わりました。
台風は温帯低気圧に変わりましたが、最後まで残るのが波の影響です。
磯釣りなどのレジャーは無理をせず、できれば控えるようにしてください。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2021.10.01
大型で非常に強い勢力の台風16号(ミンドゥル)は、
11時の推定位置で八丈島の南東海上を北東に進んでいるとみられます。
伊豆諸島の各地や房総半島の一部が風速25m/s以上の暴風域に入り、
関東から近畿にかけての広い範囲が強風域に入っています。
10時50分までの最大瞬間風速は東京都三宅坪田で37.0m/s、八丈島で34.6m/s、
東京都大田区・羽田で23.7m/s、神奈川県横浜市で22.3m/sを観測しました。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.09.30
大型で非常に強い台風16号(ミンドゥル)は、6時現在、日本の南の海上を北北東に進んでいます。
この後はだんだんと速度を上げ、明日10月1日(金)に伊豆諸島近海を通過する見込みです。
その後、関東の南東海上を通って三陸沖へと進んでいきます。
大雨や暴風により関東やその周辺で生活や交通機関に大きな影響が出るおそれがあるので、
最新の情報をこまめに確認して早めに対策を進めてください。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.09.29
大型で非常に強い台風16号(ミンドゥル)は、15時現在、日本の南の海上を北に進んでいます。
この後はだんだんと進路を北東に変えて速度を上げ、10月1日(金)頃に伊豆諸島近海を通過する見込みです。
その後、関東の南東海上を通って三陸沖へと進んでいきます。
大雨や暴風により関東やその周辺で生活や交通機関に大きな影響が出るおそれがあるので、
最新の情報をこまめに確認して早めに対策を進めてください。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.09.28
大型で非常に強い台風16号(ミンドゥル)は9時現在、日本の南にあってゆっくりと北に進んでいます。
この後は北東に進路を変えて10月1日(金)頃に伊豆諸島近海を通過する見込みです。
本州に上陸する確度は低い見込みですが、大型であることに加えて非常に強い勢力を保って接近するため、
中心からは少し離れる関東や東海でも荒天に警戒が必要です。
大雨や暴風により生活や交通機関に大きな影響が出るおそれがあります。
被害や影響を最小限とするべく最新の情報をこまめに確認して予め万全の対策を施すようにしてください。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.09.27
台風16号(ミンドゥル)は、6時現在、猛烈な勢力で沖ノ鳥島近海をゆっくりと北に進んでいます。
今後は段々と速度を上げながら北東へ進路を変えて、
10月1日(金)頃には伊豆諸島や関東の近いところを通過していく可能性があります。
台風接近時は電車の遅延や運休、高速道路の通行止めなどの可能性も考えられるため、
最新の台風情報や交通情報を確認して、早めに対応するようにしてください。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.09.26
9時現在、非常に強い勢力の台風16号(ミンドゥル)はフィリピンの東の海上でほとんど停滞しています。
明日27日(月)朝までには猛烈な勢力まで発達し、その後は北上を続ける見込みです。
30日(木)頃からは進路をやや東よりに変えて、
10月1日(金)にかけて伊豆諸島近海を通過する予想となっています。
次第に進路は絞られつつあるものの、少しの進路の違いで本州への影響が変わってきますので、
こまめな情報の確認が必要です。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.09.25
9時現在、台風16号(ミンドゥル)は発達して強い勢力になりました。
フィリピンの東の海上を北西に進んでいます。
週明けにかけては発達しながら北上を続け、28日(火)に日本の南で中心気圧910hPa、
中心付近の最大風速55m/sの猛烈な勢力の台風に発達する予想です。
予想進路はやや東よりになってきたものの、まだ不確実性は高い状況で、油断はできません。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.09.24
昨夜発生した台風16号(ミンドゥル)は、9時現在、マリアナ諸島を西北西に進んでいます。
進路にあたる海域は海面水温が高い上、風の条件も発達に適しているため、急速に勢力を強める見込みです。
週末には非常に強い勢力まで発達し、進路次第で日本への影響が大きくなるおそれがあるため、
今後の情報に注意してください。

台風15号(ディアンムー)は、15時、ラオスで熱帯低気圧に変わりました。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.09.23
21時、マリアナ諸島で発達中の熱帯低気圧が台風16号(ミンドゥル)になりました。
非常に強い勢力に発達して日本の南に北上してくる予想です。
進路次第で日本への影響が大きくなるおそれがあるため、今後の情報に注意してください。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.09.23
15時、南シナ海で台風15号(ディアンムー)が発生しました。
今後ベトナムに進む予想で、日本への直接の影響はありません。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.09.18
台風14号(チャンスー)は、9時、三重県松坂市付近を東進しています。
この後は志摩半島を通過して東海地方の南岸を進み、
午後には温帯低気圧になって伊豆諸島北部付近に達するとみられています。

台風14号(チャンスー)は15時、温帯低気圧に変わりました。
この後は引き続き東に進み、今夜には伊豆諸島北部周辺に達する見込みです。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.09.17
気象庁は19時前に、台風14号(チャンスー)が福岡県福津市付近に上陸したと発表しました。
8月の台風9号に続く、今年3つ目の上陸になります。
福岡県への上陸は1951年の統計開始以来初めてです。
今後、九州地方を通過した後、明日18日(土)は西日本から東日本を東よりに進み、
明後日19日(日)には関東の南海上で温帯低気圧に変わる予想です。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.09.16
台風14号(チャンスー)は、16日(木)3時現在、東シナ海にあってほとんど停滞しています。
今後は東寄りに進む予想で、17日(金)には西日本に接近・上陸のおそれがあります。
その後、18日(土)には温帯低気圧に変わり、さらに東へ進んでいく見込みとなっています。
このため、明日から三連休初日にかけては全国的に雨や風が強まり、
荒天となるおそれがあるので警戒が必要です。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.09.15
台風14号(チャンスー)は、15日(水)15時現在、東シナ海にあってほとんど停滞しています。
今後はやや発達しながら東寄りに進む予想で、17日(金)に対馬海峡付近で温帯低気圧に変わった後、
18日(土)にかけて日本海を北東進する予想です。
全国的に雨や風が強まり、荒天となるおそれがあるので警戒が必要です。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.09.14
強い勢力の台風14号(チャンスー)は、15時現在、東シナ海を南東にゆっくりと進んでいます。
中心付近の最大風速が30m/sになり、強い勢力ではなくなりました。
しばらくは動きが遅く、16日(木)朝までは同じような場所で停滞を続ける見込みです。
16日(木)午後になると上空の気圧の谷と一体化するような形で北東に動き始めます。
温帯低気圧に性質を変えながら加速して日本海方面へ向かう予想で、
全国の広い範囲で大荒れとなるおそれがあります。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.09.13
9時現在、強い勢力の台風14号(チャンスー)は東シナ海を北北東に進んでいます。
台風の中心は離れつつあるものの、沖縄や奄美は風速15m/s以上の強風域に入っており、
強風やうねりを伴った高波に引き続き注意が必要です。
上海付近で数日間停滞した後は、進路を東寄りに変えて、週後半に西日本から北日本に
接近する可能性があります。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.09.12
21時現在、強い台風14号(チャンスー)は暴風域を伴ったまま東シナ海を北寄りに進んでいます。
台風の中心は離れつつあるものの、与那国島や石垣島など八重山地方は
明日13日(月)の朝まで大雨や強風、うねりを伴った高波に厳重な警戒が必要です。

台風13号(コンソン)は、3時、南シナ海で熱帯低気圧になりました。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.09.11
6時現在、猛烈な台風14号(チャンスー)はフィリピンの東で発達のピークを迎えています。
中心気圧は905hPaにまで低下し、中心付近の最大風速は60m/s(115ノット)です。
今年最も発達した台風2号はピーク時に、中心気圧895hPa、
最大風速が60m/s(120ノット)だったため、それに次いで今年2番目の強さとなっています。
先島諸島ではすでに影響が出始め、沖縄は明日12日(日)をピークに
大雨や暴風、高波となるおそれがあります。
また、来週は西日本などに近づく可能性があるため、今後の進路に注意してください。

台風13号(コンソン)は、9時現在、南シナ海にあって、西へ毎時15kmで進んでいます。
中心気圧は985hPa、中心付近の最大風速は30m/sです。
この台風は、12日9時には南シナ海に達し、台風はこの後、熱帯低気圧に変わり、
13日9時にはベトナムに達するでしょう。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.09.10
猛烈な勢力の台風14号(チャンスー)は10日(金)15時現在、フィリピンの東の海上を北西に進んでいます。
明日11日(土)からは沖縄で少しずつ影響が出始め、
12日(日)をピークに大雨や暴風、高波となるおそれがあります。
来週にかけては日本列島に近づく可能性もあり、しばらくは動きから目が離せません。

台風13号(コンソン)は、15時現在、南シナ海にあって、西へ毎時15kmで進んでいます。
中心気圧は985hPa、中心付近の最大風速は30m/sです。
この台風は、11日~12日にかけて南シナ海に達するでしょう。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.09.09
台風14号(チャンスー)は9時現在、猛烈な勢力となり、フィリピンの東の海上を西に進んでいます。
猛烈な勢力となるのは台風2号以来、今年2個目です。
台風14号は明日10日(金)以降、次第に北寄りに進路を変え、
非常に強い勢力で12日(日)頃に沖縄に接近する見込みです。
進路に近い先島諸島は週末に大荒れとなるおそれがあるため、早めの対策が必要になります。

台風13号(コンソン)は、9時現在、南シナ海にあって、時速20キロで西に進んでいます。
中心気圧は994ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は23メートル、
最大瞬間風速は35メートルとなっています。
今後は、発達しながら南シナ海を西よりに進み、11日(土)には強い勢力となる見込みですが、
日本への影響はない見込みです。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.09.08
台風14号(チャンスー)は8日(水)15時現在、フィリピンの東の海上を西南西に進んでいます。
海水面温度や風の条件が台風の発達に適しているため、
今朝9時に945hPaの「非常に強い」台風に変わった後も発達を続け、15時現在は940hPaとなっています。
今後も10日(金)頃にかけて発達を続ける予想です。

台風13号(コンソン)は、15時現在、フィリピンにあって、北西へ毎時15kmで進んでいます。
中心気圧は998hPa、中心付近の最大風速は23m/sです。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.09.07
9時、フィリピンの東で発達中の熱帯低気圧が台風14号(チャンスー)になりました。
このあとは発達しながら太平洋高気圧の縁に沿うようにして北西に進み、
暴風域を伴って台湾や沖縄方面に向かう予想です。
また、その先で転向して本州方面に向かうおそれもあるため、今後の情報に注意してください。

台風13号(コンソン)は、9時現在、フィリピンにあって、時速20キロで西北西に進んでいます。
中心気圧は998ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は23メートル、
最大瞬間風速は35メートルとなっています。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.09.06
15時、フィリピンの東の海上で台風13号(コンソン)が発生しました。
今後はフィリピンの東岸をしばらく北上した後、西よりに進路を変えてルソン島に上陸、南シナ海に進む予想です。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2021.08.24
台風12号(オーマイス)は6時、韓国の鬱陵島(ウルルンド)南西約60キロメートルの海上で温帯低気圧に変わりました。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2021.08.23
9時現在、台風12号(オーマイス)は東シナ海を北に進んでいます。
台風12号(オーマイス)はこのあとも北上を続け、
今夜遅くに朝鮮半島に上陸した後、明日24日(火)朝には温帯低気圧に変わる見込みです。
台風の北上に伴い、湿った空気が流れ込みやすくなるため、西日本では局地的に雨が強まる可能性があります。
今後の見解に注意が必要です。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.08.22
15時現在、台風12号(オーマイス)は宮古島の北の海上を北北西に進んでいます。
台風の中心は昼過ぎに宮古島付近を通過しましたが、最接近の後に風雨が強まり、
最大瞬間風速は宮古島で13時39分に23.3m/s、下地島で14時23分に24.2m/sを観測しました。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.08.21
15時現在、台風12号(オーマイス)は沖縄の南の海上を北西に進んでいます。
中心付近の最大風速が20m/sと若干、勢力を強めました。
台風の北側に広がる雲が沖縄本島から奄美にかかり、接近前から雨の強まっている所があります。
明日22日(日)の昼頃に先島諸島に最も近づき、その後は東シナ海を弱まりながら北上して、
週明けには熱帯低気圧に変わる見込みです。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.08.21
9時現在、台風12号(オーマイス)は沖縄の南の海上を北北西に進んでいます。
明日22日(日)に先島諸島に最も近づく見込みです。
その後は東シナ海を弱まりながら北上して、週明けには熱帯低気圧に変わる予想となっています。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.08.20
21時、フィリピンの東で発達中の熱帯低気圧が台風12号(オーマイス)になりました。
明後日22日(日)に北上して沖縄に接近する見込みです。
その後は東シナ海へ進み、進路次第では西日本にも影響が出る可能性があるため、
今後の情報に注意してください。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.08.19
停滞する前線による大雨はピークを越えつつありますが、
明日20日(金)にかけては暖かく湿った空気や上空の寒気の影響で大気の状態が非常に不安定となり、
局地的に非常に激しい雨の降るおそれがあります。
関東から九州にかけての地域では、大雨による土砂災害や洪水、浸水、落雷等に警戒してください。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.08.18
本日も低気圧や前線に向かって、南から暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、
発達した雨雲が太平洋側の地域を中心にかかっています。
非常に激しい雨が同じようなところで降り続ける可能性があるため、
道路冠水などが発生するおそれがあります。
また、一連の大雨によりいつ土砂災害が発生してもおかしくない状況です。
新たな被害の発生に厳重に警戒してください。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.08.17
本日も秋雨前線の影響で、西日本を中心に大雨が続いています。
南からの暖かく湿った空気が強まって大気の状態が不安定になり、
大阪など都市部でも激しい雨になっている状況です。
前線は明日18日(水)にかけて、再び西日本を南下します。
西日本は週後半にかけて、大雨による災害の発生・拡大に厳重な警戒が必要です。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.08.16
昨日15日(日)は西日本などで雨が小康状態となりましたが、本日再び活発な雨雲が九州に接近中です。
海上では猛烈な雨が解析されていて、発雷も検知しています。
これまでに記録的な雨が降った地域で再び大雨となるおそれがあるため、
被害の拡大に警戒が必要です。早めの避難を心がけてください。

台風まで発達すると予想されていた日本のはるか南東の海上にある熱帯低気圧について、
雲のまとまりが見れず、気象庁は24時間以内に台風の発生可能性が小さくなったと発表しました。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.08.15
9時現在、マーシャル諸島で熱帯低気圧が発達中です。
気象庁はこの熱帯低気圧について、24時間以内に台風に発達する見込みとの情報を発表しました。
20日(金)には強い勢力に発達する予報となっています。
今後の情報に注意してください。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.08.14
本日未明から、九州北部に線状降水帯が解析されています。
福岡地方で線状降水帯による非常に激しい雨が同じ場所で降り続いているとして、
「顕著な大雨に関する情報」が発表されました。
九州北部では少なくとも昼過ぎにかけては断続的に激しい雨が降る予想で、
その後も来週中頃にかけて大雨が続く予想です。
土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水・氾濫等に警戒してください。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.08.13
秋雨前線に伴う発達した雨雲は西日本だけに留まらず、東日本にも拡大しています。
九州から近畿、東海、北陸にかけての広範囲で激しい雨の降っている所があり、
土砂災害の危険度も高まってきました。
18時時点で11県に土砂災害警戒情報が発表中です。
今夜から明日14日(土)にかけても断続的に非常に激しい雨が降る見込みです。
すでに記録的な雨が降って土砂災害が発生したり、氾濫した河川もありますので、
最大限に警戒をしてください。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.08.12
九州では激しい雨が降り続き、大雨災害発生の危険性が高まっています。
気象台は13時59分、福岡県筑後地方と熊本県熊本地方で、
線状降水帯による非常に激しい雨が同じ場所で降り続いているとして、
「顕著な大雨に関する情報」を発表しました。
九州では来週前半にかけて断続的に雨が強く降る予想です。
土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水・氾濫等に警戒してください。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.08.12
西日本から東日本にかけて停滞する秋雨前線に向かって非常に暖かく湿った空気が流れている影響で、
九州や中国地方では激しい雨となっています。
このあとも週末から来週はじめにかけて西日本〜東日本で断続的に激しい雨が降る予想です。
多い所では平成30年7月の西日本豪雨に匹敵するような雨量に達するおそれがあり、厳重な警戒が必要です。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.08.11
秋雨前線の影響で、西日本では雨が降り始めています。
午後になり、九州北部に活発な雨雲がかかり始め、一部で1時間に50mm以上の非常に激しい雨が解析されています。
13時45分現在、佐賀県や福岡県、長崎県の一部に大雨警報が、長崎県の小値賀町には土砂災害警戒情報が発表されています。
今夜にかけて土砂災害や浸水等に警戒するとともに、来週にかけて予想される断続的な大雨に厳重に警戒してください。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2021.08.10
台風10号(ミリネ)は、9時に日本のはるか東で温帯低気圧に変わりました。

台風9号(ルピート)から変わった低気圧が東北を通過します。
北日本を中心に雨や風の強まる所が多く、荒天が続きますので警戒が必要です。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2021.08.09
9時、台風9号(ルピート)は中国地方で温帯低気圧に変わりました。
台風から温帯低気圧に性質は変わるものの、さらに発達するおそれがあります。
すでに中心気圧は982hPaに低下し、最大風速は30m/sに達していると見られます。
今後、風雨の強い範囲がさらに広がる見込みのため、
台風であった時と同様か、それ以上に警戒をしてください。

台風10号(ミリネ)は、日本の東の海上を北東に進んでいます。
東北の太平洋側や関東の沿岸では引き続き高波や強風に注意が必要です。

台風11号(ニーダ)は日本のはるか東の海上で温帯低気圧に変わりました。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.08.08
本日は2つの台風が相次いで日本に接近します。
台風10号(ミリネ)は関東の沖合を北東進し、午前中に最接近となります。
断続的な激しい雨や強い風に十分注意してください。

台風9号(ルピート)は東シナ海を北東に進み、今夜九州に接近・上陸する可能性があります。
温帯低気圧に変わりながら接近するため、中心付近だけでなく、
日本の広範囲で風や雨が強まる可能性があります。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.08.07
15時現在、台風9号(ルピート)は、与那国島の北約110kmにあって時速30kmで東北東に進んでいます。
中心気圧は994hPa、中心付近の最大風速は20m/s、最大瞬間風速は30m/sです。
この後も東シナ海を北東に進み、明日8日(日)夜には九州に接近し、深夜には上陸する可能性もあります。
九州では徐々に雨風が強まり荒れた天気になるため、早めの対策が安心です。

台風10号(ミリネ)は八丈島の南南西約280kmにあって時速30kmで北北東に進んでいます。
この後はやや発達しながら北東に進み、明日8日(日)の朝に関東の南の海上を通過する予想です。
本州に上陸することはない予想ですが、台風に近い伊豆諸島では荒天に警戒が必要です。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.08.06
4日(木)9時に台風9号(ルピート)が発生し、
昨日5日(金)15時に台風10号(ミリネ)と11号(ニーダ)が同時に発生となり、
現在は台風が3つ発生しています。

15時現在、台風10号(ミリネ)は沖縄・南大東島の北東の海上を東北東に進んでいます。
この後は勢力を少し強めるものの、暴風域は伴わない予想となっています。
明日7日(土)にかけてやや北よりに進路を変え、8日(日)の朝に関東に最も近づく見込みです。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.08.05
15時、日本の東で台風11号(ニーダ)が発生しました。
同じく15時に発生した台風10号(ミリネ)に引き続き、本日2つめの台風発生です。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.08.05
15時、沖縄本島近海で発達中の熱帯低気圧が台風10号(ミリネ)になりました。
昨日発生した9号(ルピート)に引き続き、2日連続の台風発生です。
既に沖縄に接近しているため、今後さらに強まる風や雨に注意してください。
台風10号(ミリネ)はこの先北東に進み、西日本や東日本に接近するおそれがあります。
今後の情報に注意するようにしてください。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.08.04
9時、南シナ海で発達中の熱帯低気圧が台風9号(ルピート)になりました。
東シナ海へ進む見込みですが、その後の進路が不確実で、
西日本方面に接近する可能性も否定できません。
今後の情報に注意するようにしてください。

また、沖縄の宮古島の東にある熱帯低気圧について、
気象庁は24時間以内に台風に発達する見込みとの情報を発表しました。
次に台風が発生すると台風10号となります。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.08.03
9時、気象庁は南シナ海の熱帯低気圧について
24時間以内に台風に発達する見込みとの情報を発表しました。
次に台風が発生すると「台風9号」と呼ばれます。
まだ進路に不確実性は大きいものの、日本に影響を与える可能性がありますので、
今後の情報に注意が必要です。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.07.28
3時、台風6号(インファ)は長江下流域で熱帯低気圧に変わりました。
 
6時前、台風8号(ニパルタック)の中心が石巻市付近に上陸しました。
宮城県への上陸は、1951年からの統計史上初めてです。
今回の台風は中心から離れた所でも雨や風が強まっているため、
中心の進路だけにとらわれず、雨雲レーダーなどで最新の状況を確認してください。

15時に、台風8号(ニパルタック)は秋田県沖で温帯低気圧に変わりました。
この低気圧は次第に日本海へ離れて衰弱するため、この先は直接の影響はほとんどなくなる見込みです。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.07.27
台風8号(ニパルタック)は本州の東の海上を北上し
明日28日(水)明け方に東北地方に上陸する見込みです。
暴風による大規模な停電などの広範囲に及ぶ被害の可能性は低いですが、
電車や高速道路など一部では影響が出る見込みです。
また、大雨耐性の低い地域のためこのあとの雨で、
河川氾濫や土砂災害などのリスクが高まることが予想されます。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.07.26
3時現在、台風8号(ニパルタック)は、日本の東の海上を北北西に進んでいます。
今後は徐々に北西に向きを変えて、27日(火)に東北から関東に上陸する見込みです。
台風接近前から湿った空気が流れ込む影響で強雨や強風のおそれがあるため注意が必要です。
特に台風の北側から吹き込む湿った空気の影響を受けやすい、
宮城県や福島県、茨城県や千葉県では1時間に30mmを超える激しい雨が降り、
沿岸部では瞬間的に25m/s近い強風となる見込みです。
遅い時間になると交通機関に影響が出るおそれがあるため、
帰宅時間を調整できる方はいつもより少し早めに帰宅すると安心です。
進路次第で影響が大きく変わるため、今後の情報に注意してください。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.07.25
18時現在、大型の台風8号(ニパルタック)は、南鳥島近海を北に進んでいます。
今後は徐々に北西に向きを変えて、27日(火)頃に東北から関東に上陸する可能性があると見ています。
台風接近前から強雨や雷雨、強風のおそれがあるため注意が必要です。

大型で強い台風6号(インファ)は、華中を北西に進み中国大陸に向かっています。
沖縄本島や奄美周辺には台風の外側の雲の通り道となっていて、局地的な強雨や雷雨に注意が必要です。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.07.24
3時現在、台風8号(ニパルタック)は南鳥島近海を北北東に15 km/hで進んでいます。
来週前半の27日(火)頃、本州に接近・上陸するおそれがあるため、大雨や強い風に警戒が必要です。

本日7時の推定で、大型で強い台風6号(インファ)は、
暴風域を伴って宮古島の北約170kmを北に15 km/hで進んでいると見られます。
勢力が強いため離れても影響は残り、局地的な激しい雨や暴風には引き続き警戒が必要です。
屋根・雨漏り工事のページはこちら

画像を拡大する
最新の台風ニュースは
こちら(ウェザーニュース)

2021.07.23
21時、南鳥島近海で発達中の熱帯低気圧が台風8号(ニパルタック)になりました。
来週前半の27日(火)頃、本州に接近・上陸するおそれがあるため、大雨や強い風に警戒が必要です。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2021.07.22
大型で強い台風6号(インファ)は、10時の推定で、暴風域を伴って宮古島の南南東約170kmを南西に進んでいます。
暴風域に入っている所はないものの、最大瞬間風速は宮古島で28.2m/s、与那国空港で26.7m/s、
竹富町・大原で24.7m/sを観測するなど、先島諸島を中心にすでに風が強い状況です。
非常に強い勢力で明日23日(金)に最接近 この先はさらに発達し、
今日午後には中心付近の最大風速が45m/sに達して非常に強い勢力となる見込みです。
発達のピークで明日23日(金)に宮古島や石垣島などに最接近する予想となっています。
速さは時速10km未満と遅い状況が継続するため、先島諸島では暴風雨が長時間に渡って継続します。

台風7号(チャンパカ)は9時、中国の華南で熱帯低気圧に変わりました。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2021.07.21
強い勢力の台風6号(インファ)は沖縄本島に最も近づいています。
動きが依然として遅く、人が歩くような速度です。
10時の推定位置で暴風域に入っている所はないものの沖縄本島を中心に風が強く、
最大瞬間風速は沖縄県南城市・糸数で32.3m/s、那覇市で26.9m/sを観測しています。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2021.07.20
21時、台風6号(インファ)は発達して強い勢力になりました。
沖縄本島に暴風域が迫っています。
沖縄県内では既に最大瞬間風速30m/s以上の強い風を観測しました。
動きが遅いため、荒天が長引くおそれがあります。

台風7号(チャンパカ)は暴風域を伴って中国の華南に上陸しました。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2021.07.19
9時、南シナ海で発達中の熱帯低気圧が台風7号(チャンパカ)になりました。
昨日18日(日)に発生した台風6号(インファ)に続いて、2日連続の台風発生です。
台風7号(チャンパカ)は中国の華南に上陸して勢力を落とし、熱帯低気圧に変わる予想ですが、
その後の動向にも念のため注目が必要です。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2021.07.18
3時、日本の南で発達中の熱帯低気圧が台風6号(インファ)になりました。
強い勢力に発達し、暴風域を伴って沖縄や奄美に近づくおそれがあるため、台風対策を行ってください。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2021.07.16
本日11時、気象台は関東甲信地方と東北地方が梅雨明けしたとみられると発表しました。
平年より関東甲信では3日早い、東北南部では8日早い、東北北部では12日早い梅雨明けです。
本格的な夏の到来とともに台風のシーズンも間近に迫ってきています。
家屋の屋根・外壁の点検は今のうちに!
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2021.06.01
梅雨の季節です。雨漏り対策は大丈夫ですか?
雨漏りの兆候をお見逃しなく。
天井や壁にシミが出てきたら要注意です。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2021.05.01 羽アリの本格シーズンに入り、多方面で発生しております。
もし羽アリを見かけましたら慌てずに、先ずはこちらまでお問い合わせください。
シロアリ駆除のページはこちら
2021.04.30
大阪府大阪市にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2021.04.30
埼玉県所沢市にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2021.04.30
東京都福生市にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2021.04.30
千葉県鎌ヶ谷市にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2021.04.30
神奈川県逗子市にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2021.04.30
埼玉県さいたま市にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2021.04.30
神奈川県大和市にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2021.04.30
千葉県我孫子市にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2021.04.30
東京都調布市にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2021.04.30
神奈川県横浜市にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2021.04.30
千葉県市川市にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2021.04.30
東京都江戸川区にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2021.04.30
神奈川県川崎市にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2021.04.28
埼玉県日高市にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2021.04.27
神奈川県海老名市にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2021.04.27
大阪府寝屋川市にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2021.04.26
岐阜県加茂郡にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2021.04.25
愛知県名古屋市にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2021.04.25
大阪府南河内郡にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2021.04.25
東京都練馬区にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2021.04.25
兵庫県尼崎市にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2021.04.25
兵庫県姫路市にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2021.04.23
大阪府河内長野市にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2021.04.22
東京都世田谷区にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2021.04.22
東京都目黒区にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2021.04.22
東京都品川区にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2021.04.22
川崎市川崎区にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2021.04.22
東京都大田区にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2021.04.22
東京都練馬区にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2021.04.22
東京都杉並区にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2021.04.22
東京都江東区にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2021.04.22
東京都江戸川区にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2021.04.21
神奈川県藤沢市にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2021.04.20
愛知県豊橋市にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2021.04.19
京都府宇治市にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2021.04.19
東京都豊島区にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2021.04.15
千葉県千葉市にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2021.04.15
京都府宇治市にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2021.04.15
千葉県千葉市にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2021.04.12
東京都東大和市にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2021.04.12
3月は気温が高い日が続き、桜の開花も進みました。
4月に入り春らしく天気は数日の周期で変わりますが、比較的晴れの日が多い予想です。
そして暖かくなると気になるのがシロアリの羽蟻発生です。
4月の下旬からシロアリの羽蟻が発生するスウォーム(群飛)が始まります。
同業者等に話を聞くと、今年は羽蟻の発生が多いと予想しているようです。
玄関や、お風呂場などで羽蟻の大軍を見たらすぐにご連絡下さい。
シロアリ駆除のページはこちら
2020.11.12
11月に入り大分冷え込む様になってきました。
外が寒くなると、今まで外で活動していたネズミが 暖かい場所を求めて家屋に浸入し、 屋根裏や床下等に寝床を作ります。
屋根裏から何か音がする、 台所に置いてあった食材が無くなっている、 何かがかじった跡があるなど、それはネズミの仕業かもしれません。

このように何か気になることがございましたら、お気軽にご相談ください。 床下や屋根裏の無料点検を行います。
お見積りは無料ですので少しでもご不安がある場合はお気軽にご相談ください。
ネズミ駆除のページはこちら
2020.10.17
10時現在、台風は発生していません。
日本の南の海上に停滞する前線と、西から近づく上空の気圧の谷の影響で、
西日本から東日本、東北にかけての広い範囲で雨が降っています。
それほど発達した雨雲は見られず、道路冠水などの被害の出る心配は少ないと見られます。
夕方も傘が必須となるのは関東甲信や東海など東日本です。今と同じような本降りの雨が続きます。
また、西日本の太平洋側でも一部で雨が残る見込みです。特に関東は夜遅い時間まで雨が残ります。
関東は秋を通り越して、初冬の寒さとなっています。
朝から降り続く雨と、北から吹き込む冷たい風の影響で昼間でも寒く感じられるくらいです。
服装と気温の関係で見ていくと、12℃はトレンチコートを着用し始めるくらいになります。
今日は雨と風により体感温度は実際の気温よりも低くなっていますので、外出の際はしっかりと着込むようにしてください。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2020.10.12
3時、台風15号(リンファ)はラオスで熱帯低気圧に変わりました。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2020.10.10
南シナ海で新たに熱帯低気圧が発達中です。
気象庁はこの熱帯低気圧は、24時間以内に台風15号(リンファ)に発達する見込みと発表しました。
南シナ海を西進しベトナムに上陸する見通しです。日本への影響はありません。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2020.10.10
11日(日)になると本州から離れる可能性が高く、各地の雨や風は峠を越えます。
東京など関東も今夜になるとようやく雨が止む見込みです。
西日本や東海は晴れて気温が上がり、少し暑く感じられるくらいになります。
ここ数日との気温差が大きくなりますので体調管理に気をつけてください。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2020.10.10
台風14号(チャンホン)は中心は陸地からやや離れて進んでいるものの、本州付近に停滞する秋雨前線の影響があり、
関東から紀伊半島の広い範囲が活発な雨雲に覆われています。
台風の進路に近い伊豆諸島では今夜にかけて激しい雨が降るおそれがあります。
土砂災害などに厳重な警戒が必要です。
また、紀伊半島や千葉県外房なども本日昼頃にかけて、強い雨が予想されるため十分注意してください。
台風に近い太平洋沿岸は風が強く、今後、台風の強風域に入っているところを中心に、
最大瞬間風速30m/s以上の突風が吹くおそれがあります。
架線支障等での鉄道のダイヤ乱れや、局地的な停電などに警戒が必要です。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2020.10.10
10時現在、台風14号(チャンホン)は紀伊半島沖を北東に進んでいると見られます。
衛星画像では台風としては弱まりつつある様子が伺えますが、
最も近づくタイミングよりも早く雨のピークになるため、早めの警戒が必要です。
秋の台風にしては依然、速度が遅く、今後は東からやや南よりに進路を変える見込みです。
本州から離れた沖合を進むため東京や名古屋などの主要都市では影響は小さいものの、
大雨や暴風の影響を受ける地域があるため詳細な情報を確認するようにしてください。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2020.10.09
13時現在、台風14号(チャンホン)は四国沖を北北東に進んでいると見られます。
進路は徐々に東よりに変わりつつあります。
今後はさらに進路を東よりに変え、本州の南の海上を東進し、上陸の可能性はほぼありません。
10日(土)朝に紀伊半島、夜には関東に最接近する見込みです。
上陸をしなくとも、台風の進路に近い太平洋側を中心に雨風ともに強まって、荒れた天気となるため警戒が必要です。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2020.10.08
11時現在、強い勢力の台風14号(チャンホン)は、暴風域を伴い南大東島の東を北に進んでいます。
今後は進路を東向きに変え始め、10日(土)午前には紀伊半島沖へ進み、その後は東日本にかなり接近、
または上陸する可能性があります。台風の中心が接近した場合、荒れた天気に注意が必要です。
ただ、台風の進路を決める上空の風が弱いことや、進路を遮る高気圧の勢力の予想が難しいことなどから、
詳細な進路や接近の時期を特定するのがまだ難しい状況です。 引き続き最新の予報を確認するようにしてください。
なお、台風の接近に先駆けて、秋雨前線の影響で西日本と東日本の太平洋側を中心に雨が降っており、
週明けにかけて雨の降りやすい状況が続く予想です。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2020.10.08
6時現在、強い台風14号(チャンホン)は沖縄の東の海上を北上中です。
大東島地方と奄美地方、種子島・屋久島などが風速15m/s以上の強風域に入っています。
明日9日(金)にかけて北上を続けたあと、週末には東寄りに向きを変えて、本州にかなり接近するおそれがあります。
今後の情報に注意してください。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2020.10.07
強い台風14号(チャンホン)は、今週末にかけて日本に接近する可能性が高まっています。
この台風の接近時は上空の風の流れが比較的弱いため、進行速度や進路を正確に予想するのが難しい状況となっています。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2020.10.05
9時、日本の南で台風14号(チャンホン)が発生しました。
台風は発達しながら西~北寄りに進み、今週後半に沖縄や西日本などに接近する可能性があります。
秋雨前線の影響もあり、西日本の太平洋側で雨が強まるおそれもあるため、接近前から注意が必要です。
ただ、現時点ではまだ進路や勢力に関して不確定な部分が大きく、予報円が非常に大きくなっています。
そのため、どの程度の影響になるかは不明確な状況です。
今後の動向に注意して、最新の情報をこまめに確認するようにしてください。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2020.09.30
今年はこれまで台風の上陸がありません。
9月までに台風上陸がなかったのは、2009年9月以来11年ぶりのことです。
10月になると平年の上陸数は0.2個と少なくなりますが、去年、東日本や東北に甚大な被害をもたらした台風19号は、
10月に上陸していて、まだ台風シーズンは終わったわけではありません。
今年は10月前半も南の海上では対流活動が活発になると予想されていて、熱帯低気圧や台風が発生する可能性があります。
太平洋高気圧もそれなりに勢力を維持していて日本本土への接近もあり得るので、あと半月ほどは注意が必要です。
今年の台風シーズン終了はそのあとになる見込みです。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2020.09.28
昨日、南鳥島近海で発生した台風13号(クジラ)は、南鳥島の東の海上をやや発達しながら北上しています。
今後も日本から離れた東の海上を北上する予想のため、日本列島に接近することはありません。
海では若干のうねりが届く可能性がありますが、雨や風の影響は無い見込みです。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2020.09.27
9時、南鳥島近海で台風13号(クジラ)が発生しました。
日本の東を北上するため、日本列島には接近しない見通しです。
海では若干のうねりが届く可能性がありますが、雨や風の影響は無い見込みです。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2020.09.25
24日15時、台風12号(ドルフィン)は関東の東の海上で温帯低気圧に変わりました。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2020.09.24
9時現在、台風12号(ドルフィン)は千葉県銚子市の南南東で、ほとんど停滞しています。
今後は進路を北よりに変えて、温帯低気圧に性質を変えながら三陸沖を北上する見込みです。
関東は沿岸の一部で風が強まるくらいで、大きな影響とはなりません。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2020.09.23
7時現在、台風12号(ドルフィン)は、これまでよりもやや東寄りに進む予想に変わってきました。
24日(木)午後から25日(金)早朝にかけて、関東に最も近づく見込みです。
停滞する秋雨前線の影響が加わるため、特に大雨に警戒をしてください。
台風12号(ドルフィン)はこれまでの予想よりも東寄りに進路を変える予想となり、
24日(木)には関東の南岸を北東に進むとみられます。
25日(金)早朝にかけて関東に最接近し、その後は温帯低気圧に変わって、三陸沖に進む見込みです。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2020.09.21
正午、日本列島の南海上で台風12号(ドルフィン)が発生しました。
今後ゆっくり北上して24日に四国から関東にかけての沿岸に接近、上陸する恐れがあります。
暴風域は伴わず、25日午後には日本海で温帯低気圧に変わる見込みです。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2020.09.20
10時現在、台風は発生していません。
今日は秋雨前線から遠い西日本では日差しが届いて秋の陽気になりますが、関東地方ではにわか雨の可能性があります。
また、日本海から低気圧が接近する北日本は天気の急変にご注意ください。
雨のあと室内がカビ臭くなったりするのは雨漏り発生のサインです。
いつもと違うなと感じたらお早目にご相談下さい。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2020.09.17
9時現在、台風11号(ノウル)は南シナ海を西に進んでいます。
今後は徐々に発達しながら西寄りに進み、ベトナム方面へ向かう予想です。
日本への影響はありません。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2020.09.16
3時、南シナ海で台風11号(ノウル)が発生しました。
台風11号(ノウル)はこの先やや発達しながら南シナ海を西寄りに進み、
18日(金)から19日(土)頃にベトナムに上陸する可能性が高まっています。
ベトナム、ラオスでは大雨や暴風に警戒が必要です。
日本への影響はありません。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2020.09.12
秋雨前線が西日本から東北南部に停滞しています。
前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の非常に不安定な状態が続きそうです。
また、熱帯低気圧が東海から関東沖を進むでしょう。
九州から東北にかけて、所々で雨雲が発達する予想です。
非常に激しい雨が降り、大雨となる所があるでしょう。
また、東海や関東には熱帯低気圧の発達した雨雲がかかる恐れもあります。
土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒して下さい。
竜巻などの激しい突風や落雷にも注意が必要です。
雨雲レーダーなどで確認し、発達した雨雲が近づく兆しがある場合は建物の中に移動しましょう。
秋雨前線の停滞でしばらくは天気の悪い状態が続き、所によっては激しい雨が降る場合もあるでしょう。
雨漏れの兆しがある場合はお早めにお問合せ下さい。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2020.09.10
10時現在、台風は発生していません。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2020.09.08
本日未明、大型の台風10号(ハイシェン)は中国で温帯低気圧に変わりました。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2020.09.07
6時現在、大型の台風10号(ハイシェン)は「非常に強い」から「強い」に勢力を落とし、対馬付近を北上しています。
勢力を落としたとはいえ、引き続き警戒が必要です。
九州北部が風速25m/s以上の暴風域に入っており、関西以西の各地が強風域に入っています。
4時現在、九州電力によると約46万戸が停電中です。
猛烈な風に警戒し、台風が過ぎ去るまで可能な限り安全な場所でお過ごしください。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2020.09.06
21時現在、大型で非常に強い台風10号(ハイシェン)は、
鹿児島県枕崎市の西南西約90kmを1時間におよそ35kmの速さで北北西に進んでいます。
明日朝にかけて非常に強い勢力を保ったまま九州の西を北上し、
九州を中心とした各地で記録的な暴風や高波、高潮、大雨となるおそれがあります。
風が強くなってからの避難は危険ですので、できる限り安全な場所でお過ごしください。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2020.09.05
11時現在、台風10号(ハイシェン)は南大東島の南南東約190kmを北西へ1時間に15kmの速さで進んでいます。
中心気圧920hPa、中心付近の最大風速50m/s、最大瞬間風速70m/sの「非常に強い」勢力です。
中心から東側280kmと西側220kmでは風速25m/s以上の暴風が吹き、また中心から東側600kmと西側440kmでは、
風速15m/s以上の強風が吹いていて、「大型」の台風になりました。
強風の吹くエリアが広がりましたので、吹き荒れる風や飛来物などにご注意ください。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2020.09.03
9時現在、大型で強い台風9号(メイサーク)は日本海にあり時速60キロで北に進んでいます。
中心気圧965hpa、中心付近の最大風速35m、最大瞬間風速50mとなっています。
九州北部地方では、昼前にかけ高潮に要警戒です。
西日本や東日本の太平洋側では、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒・注意してください。
台風は北上を続け、夜には中国東北区付近で温帯低気圧に変わる見込み。

9時現在、強い台風10号(ハイシェン)は日本の南の海上を、急速に発達しながら西よりに進んでいます。
今後は猛発達し、4日には「非常に強い」勢力、5日には「猛烈な」勢力になる見込みです。
6日には奄美に、7日に九州に接近の可能性があります。
予報通りの中心気圧で接近すると過去最強クラスとなり、上陸しない場合でも甚大な被害につながる危険性があるので、
最悪のケースを想定し、早めに台風への備えを行うようにしてください。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2020.09.01
21時、小笠原近海で台風10号(ハイシェン)が発生しました。
中心気圧1000hpa、10Km/hの速さで南西方向に進んでいます。
今後は発達しながら北西方向に進み、週末にかけて南西諸島や西日本に接近するおそれがあります。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2020.08.31
9時現在、大型で強い台風9号(メイサーク)は沖縄の南の海上を北に進んでいます。
沖縄本島などが台風の強風域に入り、瞬間的に20m/sを超える風が吹いています。
今後は非常に強い勢力に発達し北上を続け、今夜から明日9月1日(火)朝にかけ沖縄本島に最接近する予想です。
発達のピークに最も近づくため、大雨・暴風・高波の大きな被害が懸念されます。
沖縄を通過後に東シナ海で進路を北東に変え、九州など西日本に近づく可能性もあるため、今後の動向に注意が必要。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2020.08.28
15時、フィリピンの東の海上で台風9号(メイサーク)が発生しました。

29日現在、台風9号(メイサーク)は、フィリピンの東の海上でほぼ停滞中です。
31日から1日にかけて非常に強い勢力で沖縄本島地方に接近する可能性があり、厳重な警戒が必要。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2020.08.27
9時現在、台風8号(バービー)は朝鮮半島に上陸し、北よりに進んでいます。
九州や四国の太平洋側では、局地的に激しい雨の降るおそれがあります。
山陰や北陸ではフェーン現象による猛暑に注意が必要。
沖縄は波の高い状態が続いているため、マリンレジャーは危険です。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2020.08.22
9時、与那国島の南南西で台風8号(バービー)が発生しました。
台風は暴風域を伴い、八重山地方を暴風域に巻き込みながら北へ進んでいます。
石垣島や多良間島などでは24時間雨量が200mmを超えました。

24日現在、台風8号(バービー)は、沖縄・久米島の北北西の海上を東に進んでいると見られます。
25日朝にかけて速度を落としだんだんと北寄りに進路を変える予想です。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2020.08.18
9時、南シナ海で台風7号(ヒーゴス)が発生しました。

20日現在、中国の華南に上陸した後、華南で熱帯低気圧に変わりました。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2020.08.11
3時現在、小笠原諸島・父島の南東を熱帯低気圧が時速25㎞で西に進んでおり、今後24時間以内に台風に発達する見込みです。

13日現在、最大風速15.42m/sよりも発達しないまま衰退していて消滅する可能性が高いです。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2020.08.10
12時、南シナ海で台風6号(メーカラー)が発生しました。

11日、中国の華中で熱帯低気圧に変わりました。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2020.08.09
3時、沖縄の南で台風5号(チャンミー)が発生しました。

11日、温帯低気圧に変わり発達しながら北海道へ。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2020.08.01
21時、沖縄の南で台風4号(ハグピート)が発生しました。

3日10時現在、台風4号(ハグピート)は先島諸島付近を北北西に進んでおり、西表島が暴風域に入っています。
先島諸島では最大瞬間風速35m/s超の暴風や1時間に50mmを超える雨を観測しました。
すでに台風の中心は西表島や石垣島の周辺を通過したものの、午前中いっぱいは暴風や激しい雨に警戒が必要です。
今後は中国の華中沿岸へ進み、勢力を落として熱帯低気圧に変わる予想です。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2020.08.01
関東甲信地方で梅雨明けが発表されました。
本格的な夏の到来とともに台風のシーズンも間近に迫ってきています。
家屋の屋根・外壁の点検は今のうちに!
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2020.07.31
羽アリ(シロアリ)の本格シーズンも終わり大分落ち着いてきました。
今年は梅雨が長く雨の日が多いので、雨漏りの兆候をお見逃しなく。
天井や壁にシミが出てきたら要注意です。
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2020.05.04 羽アリの本格シーズンに入り、東名阪の多方面で発生しております。
もし羽アリを見かけましたら慌てずに、先ずはこちらまでお問い合わせください。
シロアリ駆除のページはこちら
2020.05.01
千葉県柏市にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2020.05.01
大阪府摂津市にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2020.05.01
千葉県柏市にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2020.05.01
兵庫県姫路市にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2020.04.30
千葉県船橋市にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2020.04.30
千葉県佐倉市にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2020.04.29
神奈川県川崎市にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2020.04.29
東京都板橋区にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2020.04.29
東京都北区にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2020.04.29
東京都新宿区にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2020.04.29
東京都世田谷区にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2020.04.28
大阪府高槻市にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2020.04.28
埼玉県春日部市にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2020.04.28
兵庫県神戸市にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2020.04.28
神奈川県横浜市にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2020.04.28
大阪府堺市にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2020.04.27
大阪府枚方市にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2020.04.27
神奈川県横浜市にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2020.04.26
大阪府堺市にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2020.04.23
京都府相楽郡にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2020.04.22
大阪府大阪市にて羽アリ発生の問合せが2件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2020.04.22
兵庫県加古川市にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2020.04.20
大阪府大阪市にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2020.04.17
東京都品川区にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2020.04.17
千葉県船橋市にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2020.04.17
京都府京都市にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2020.04.16
兵庫県伊丹市にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2020.04.15
神奈川県川崎市にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2020.04.15
東京都世田谷区にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2020.04.01
羽ありの増える季節です。あなたのお家は大丈夫ですか?
シロアリ駆除のページはこちら
2020.03.23
京都府京都市にて羽アリ発生の問合せが1件ありました。
シロアリ駆除のページはこちら
2019.10.01
「読売新聞」2019年10月1日紙面に、弊社代表取締役 大石竜次が掲載されました。
詳細はこちら
2019.09.01 台風の季節です。雨漏り対策は大丈夫ですか?
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2019.07.01
雑誌「Forbes」2019年8月号に、弊社代表取締役 大石竜次が掲載されました。
詳細はこちら
2019.06.01
梅雨の季節です。雨漏り対策は大丈夫ですか?
屋根・雨漏り工事のページはこちら
2019.04.01
羽ありの増える季節です。あなたのお家は大丈夫ですか?
シロアリ駆除のページはこちら
2018.05.01
直営店が11都府県、協力店が28道府県、全国に展開中です!